スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←大福山修行走 →大福山修行走
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事一覧  3kaku_s_L.png ●未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png ●修行
記事一覧  3kaku_s_L.png ●修行走 ~50㌔
記事一覧  3kaku_s_L.png ●修行走 ~100㌔
記事一覧  3kaku_s_L.png ●修行走 ~150㌔
記事一覧  3kaku_s_L.png ●修行走 ~200㌔
記事一覧  3kaku_s_L.png ●修行走 ~250㌔
記事一覧  3kaku_s_L.png ●輪行の旅
記事一覧  3kaku_s_L.png ●ロングライド
記事一覧  3kaku_s_L.png ●ランデヴー
記事一覧  3kaku_s_L.png ●局旅
記事一覧  3kaku_s_L.png ●物欲解消
記事一覧  3kaku_s_L.png ●大会 イベント
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

●修行走 ~150㌔

富士山半周 2本締め

 ←大福山修行走 →大福山修行走
去年の5月にチャレンジして 達成できなかった 富士山1周+HC3本 梅雨明けして 大気の状態が安定しているという今日 チャレンジしてきました

前回は 道の駅鳴沢をスタートにしたけど 今回は道の駅須走 一発目にきついあざみをクリアしてやろうという算段です

IMG_1743.jpg

5時道の駅須走をスタート いきなり10㌫に迫る勾配が始まります しかもまっすぐに道が伸び はるか先まで急勾配が見えるので精神的にやられます

IMG_1744.jpg

耐えに耐え しばらくするととりの看板が出現 

IMG_1745.jpg

先ほどよりも幾らか傾斜が緩くなり つづら折れの道になります これがイベントなら ここでペースアップでしょうが 今回はまだまだ先が長い ムリせずゆっくり行きます
まるでずっと同じところを走っているんじゃないかと錯覚しそうなくらいつづら折れを繰り返すと馬返し到着

IMG_1746.jpg

あざみラインはここからが本番 あきらかに先ほどまでとは勾配が違います それでも 脚がフレッシュなこともあり あまり蛇行せず進めます 狩休のバス停を過ぎると前方の視界が開けてきてゴール間近 勾配も幾らか緩くなってきたらようやくゴール 5合目からは山頂がきれいに見えます

IMG_1747.jpg

IMG_1748.jpg

涼しいかと思った5合目もそんなことは無く 半袖でも十分な暑さ 下山の際も 半袖のまま下山 苦労した登りもあっという間に下ってしまいます

IMG_1749.jpg

須走の道の駅に戻ってきたら 今度は籠坂峠に向かいます うんうん さっきまでのあざみと比べると楽チン 若干交通量は多いけど路肩も広いので気疲れすることはありません ただなんだろ あざみでカロリーを消費しすぎたのか少しお腹減ってきた 籠坂峠の頂上に着いたところでちょいと休憩

IMG_1750.jpg

ちょっと下ったら 国138を西 スバルラインへ向かっていきます 時間は7時半を過ぎたくらいですが 麓のあたりから雲が湧き始めてます やや下り基調の山中湖脇を通過

IMG_1751.jpg

ヒルクライム2本目のスタートとなるスバルライン料金所には8時過ぎに到着 レースではないのでのんびり2時間くらいで到着するようにインナーローでのんびり行きます 

IMG_1753.jpg

途中樹海台、大沢駐車場で休憩 レース中はきついなーと感じるところも ゆっくり上ってると 意外とたいしたことなく感じたり 新たな発見もあります 標高を上げるにつれ雲が出てきて山頂は見えなくなってしまい うっすら肌寒さも感じるようになってきます 

IMG_1754.jpg

10時過ぎ料金所からちょうど2時間くらいで5合目到着です 5合目は登山客であふれかえっていて とてものんびり休んでいられる感じではありません 

IMG_1755.jpg

IMG_1756.jpg

ウィンドブレーカーだけ羽織って下山  下山中大沢駐車場あたりでポツリと来ました  見るとこれから向かう西の空は真っ暗 下りながらこの先どうするか考えます 料金所まで戻ったら暑いのでウィンドブレーカーを脱ぎ脱ぎ 完全に曇ってしまいました

IMG_1757.jpg

ここで この先進んでも雨に降られそうだし その状態で富士山スカイラインを登るのも厳しそう ここで撤退します

今まで走って来た道を逆走です 山中湖までは緩い登り 普通ならなんてことない坂だけどここまでの登りで足を削られペースが上がらない・・・ 来た道をそのまま行くと 狭く交通量の多い籠坂峠を登らないといけないので 山中湖手前から 旧道?木立に囲まれた別荘地の中を進んで行きます 車はほとんど来ないし 坂もあまりきつくなく快適に登れます  

IMG_1758.jpg

籠坂峠で国138に合流 須走の道の駅へは後下るだけです 12時半ごろ デポ地の道の駅須走に到着

IMG_1759.jpg

今回もクリアできなかった富士山1周+3 最初にあざみをクリアするのは正解だったと思う そして曇りがちな富士山スカイラインを早い時間に通過 とすると 須走スタートで時計回りがいいのかな ただ後半に登りが続くのがクリアできるかのポイントになると思う
すぐそばにある日帰り温泉で汗を流して 帰宅しました



ODO 37367.4  MX 76.18  AV 19.43
DST 116.5  TM 5.59.49
スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png ●未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png ●修行
記事一覧  3kaku_s_L.png ●修行走 ~50㌔
記事一覧  3kaku_s_L.png ●修行走 ~100㌔
記事一覧  3kaku_s_L.png ●修行走 ~150㌔
記事一覧  3kaku_s_L.png ●修行走 ~200㌔
記事一覧  3kaku_s_L.png ●修行走 ~250㌔
記事一覧  3kaku_s_L.png ●輪行の旅
記事一覧  3kaku_s_L.png ●ロングライド
記事一覧  3kaku_s_L.png ●ランデヴー
記事一覧  3kaku_s_L.png ●局旅
記事一覧  3kaku_s_L.png ●物欲解消
記事一覧  3kaku_s_L.png ●大会 イベント

~ Comment ~

NoTitle 

富士2ピークスお疲れ様でした。
せっかく遠征しても天候が悪いとテンション下がっちゃいますよね・・・。
富士山に行ったら富士山を見たいし。
富士イチ、時計回りってどうなんでしょうかね??反時計回りが一般的みたいですが。

ぐりさんへ 

特に夏場の山は不安定ですよね 
スタート場所にもよりますが 時計回りだと富士山の西側を走るときはひたすら登りになりますね 一周なので基本上り下り±0ですが 反時計回りが楽だと思いますよ
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【大福山修行走】へ  【大福山修行走】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。