スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←利根サイ修行走 →利根サイ修行走
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事一覧  3kaku_s_L.png ●未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png ●修行
記事一覧  3kaku_s_L.png ●修行走 ~50㌔
記事一覧  3kaku_s_L.png ●修行走 ~100㌔
記事一覧  3kaku_s_L.png ●修行走 ~150㌔
記事一覧  3kaku_s_L.png ●修行走 ~200㌔
記事一覧  3kaku_s_L.png ●修行走 ~250㌔
記事一覧  3kaku_s_L.png ●輪行の旅
記事一覧  3kaku_s_L.png ●ロングライド
記事一覧  3kaku_s_L.png ●ランデヴー
記事一覧  3kaku_s_L.png ●局旅
記事一覧  3kaku_s_L.png ●物欲解消
記事一覧  3kaku_s_L.png ●大会 イベント
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

●修行

T.D.T( ツール・ド・つるつる) 日帰り弾丸サイクリング

 ←利根サイ修行走 →利根サイ修行走
T.D.T と銘打って うどん県へ飛行機輪行で行ってきました

6時に出発空港となる成田空港に到着 今回利用したのはJETSTAR 空港第2ビルの一番奥にチェックインカウンターがあり 自転車を担いでいくのはちょっと大変 

201312101.jpg

今回は輪行袋をオーストリッチのOS-500ではなく スタンダードな縦型タイプ 自転車は無事でいられるのか 輪行袋の中には 自転車本体と輪行袋のサイドにある車輪ポケットに圧縮したサイクルウェアーをせめてもの緩衝材代わりに詰めました
 
最初の関門チェックインカウンター 預ける際に取扱注意のタグを貼ってもらいます  受付の方も慣れた感じで すぐ自転車ですね~と テキパキ準備してくれます 
ここで 到着地では手渡しで… とお願いしましたが 現地空港の状況で確約はできないと言われました 次に預ける自転車をX線検査です 国際線なら大型手荷物検査場が(成田は)ありますが こちらは無し 勿論立てた状態でははいりません そしてこの先自転車は 飛行機に積むとき確実に横にされちゃいます コンテナ内に入れてくれてもはたして立っているかは不明です なのでここでは横に倒して検査の機械を通過 倒す時はちゃんとディレーラーがどっち側かわかってないと壊してしまいますよ!

第2関門の手荷物検査で事件は起きました! バックパックには サイクルシューズと取り外したペダルにアーレンキー このうちアーレンキーが引っかかりました どうやら長さ15センチ以上の工具は危険物とみなされ 機内には持ち込めないようです 破棄するか機内に預けるか 勿論工具がないと現地でペダルをつけられないので バックパックも機内預けへ… 飛行機に自転車を積む際はペダルを外してあるか聞かれるので外しておきましょう JETSTARのWEBにも明記されてます

チェックインからここまで15分 文字通り手ぶらになってあとは飛行機に乗るだけ
JETSTARはボーディングブリッヂではなくバスに乗って移動して飛行機に搭乗 今日みたいに晴れの日はいいけど 雨風の日はつらいだろうね(笑)

201312102.jpg

201312103.jpg

初めて乗ったJETSTAR LCCは座席が狭いと言われてますが オラ(165㎝ クライマー風体型)には十分な広さ 

201312104.jpg

通常座席ポケットは膝の前にあるけどそれを上側に持ってきているのも足元を広くさせているのかもしれないです ただ真正面を見ると多少の圧迫感はあります 3列並びの真ん中の人は狭く感じるかも
飛行機は定刻通り出発 南向きに飛び立たおかげで 我家もバッチリ見えました(笑)

順調に飛行して定刻の9時に高松空港に到着 さてさて自転車はどこから来るかな?
201312105.jpg

201312106.jpg

と待っていると 見事ターンテーブルに乗って廻ってきました(汗) すぐにその場で確認… フレーム、ディレーラーとも無事でした まずは自転車組立てから着替えます ここにはお偏路さん用の更衣室があるのでそこでいそいそと着替えます

201312107.jpg

9時40分出発 明け方雨が降っていたみたいで路面が少し濡れてます そして強烈な西風 風に向かって体を倒さないと吹っ飛ばされそうです まずは高松市外へ向かって北上 高松空港は高台にあるのでひたすら下り  K44を走り 琴電の踏切を渡ってしばらくすると最初の目的地 マルタニ製麺 

201312108.jpg

かけうどん ¥180 ここは汁も薬味もすべて店員さんが入れてくれます 麺は柔らかめ

201312109.jpg

食べ終わったら再びK44を北上 香東川を渡る手前を左へ 河川敷のサイクリングロード?をはしります 初めて香川に来て思ったこと円錐形の綺麗な山が多いこと それぞれが独立していて富士山みたい

2013121010.jpg

2013121011.jpg

20分ぐらい走って本日2件目 増井米穀店 ですが… ちょっと様子が変 やってないじゃないですか~ ガックシ しょうがない先へ行きましょう

2013121012.jpg

河川敷からK33からK16へ 徐々に登り基調になってきます そこからK180で太平山ヒルクライム さっき食べた分を消費し これからの分腹を減らさねば 約6㌔ 平均勾配7㌫の結構がっつりクライム 

2013121013.jpg

2013121015.jpg

最高点は450㍍千葉の最高峰愛宕山よりも高いのかぁ 頂上から下ると綺麗な瀬戸内海と瀬戸大橋と行きたいですが天気が曇っていていまいち

2013121015.jpg

2013121016.jpg

下りきってK180を今度は南下 狭い小道を走って綾川の脇に2軒目の 山下うどん 

2013121017.jpg

かけうどん ¥150 こっちはややこしのあるめん 注文したらどんぶりに麺のみ入ってます 薬味と汁はセルフ お勘定は食べた後丼ぶりを持ってレジへ 何を食べたか トッピングは何を入れたか自己申告です(笑)お客さんとの信頼関係の上に成り立ってます

2013121018.jpg

食べ終わったらK18を西へ この先約10㌔の間が今日一番の向かい風区間です! そんな向かい風に耐えながら走って感じたことがありまして 香川県のドライバーの運転が易しいこと もちろん全員ではありませんが 9和里以上の方の運転は非常に親切 ムリにスレスレを追い越すことも 脇を猛スピードで走ることもありません 香川県ではこのまま自転車と自動車が共存共栄してほしいと感じました ホント千葉では考えられない

K18を西へ進み ちょっとした丘を越えると目の前にド~ンと讃岐富士が現れます

2013121019.jpg

2013121020.jpg

そんな讃岐富士を横目に見ながらK18からK46へ 南向きに進路が変わったので緩い追い風 右の遠くにこれまたきれいな円錐形の山

2013121021.jpg

K46からこんどはK47を西へ またも向かい風 だけど目の前には目的地の琴平山が近づいてきているので苦痛は半減
国319にぶつかったら南 金毘羅方面へ せまい路地を通って着いたのが こんぴらうどん

2013121022.jpg

かけうどん ¥150 お店の隣にすぐ工場があるので出来たてが食べられます ちなみにオラが食べたのは工場店 金毘羅さんの参道にも支店があり 店員の方が 自転車止められるよ~と言ってました 自転車で来て 金毘羅さんに登る方はこちらに止めてみては

2013121023.jpg

こんぴらうどんを出るとすぐに金刀比羅宮 さすがに上まで歩いていく余裕はないので石段の始まるところで記念撮影 平日だけど賑わってました

2013121024.jpg

琴平からは K206、K200、K190と走っていきます 道はだんだんと登り基調になってきますが 折からの追い風で楽々登っていけます ただ気がかりなのは これから向かう先の山に暗雲が立ち込めていること K190からちょっと外れたところに本日最後のお店 兼平屋

2013121025.jpg

かけうどん ¥220 唯一の200円オーバー さすがに1時を過ぎてお客さんはいませんでした コシの強い麺です

2013121026.jpg

4杯食べてさすがにお腹いっぱい 高松空港目指して走りますK190から国428へ だんだん坂がきつくなるけど やっぱり追い風で楽チン 

2013121027.jpg

途中K17へ曲がると高松空港の看板が現れます ほどなく走るとK17とK265の分岐 看板では空港へはK17となってますが オラが入れたルートはK265 今まで食べた分を燃焼させるため アップダウンの多い3桁県道へ 登った上からK17を見ると トラックが走り抜けていきます 道も広くて走りやすいんだろうけど トラックがバンバン走るのはチョットね

2013121028.jpg

K265のアップダウンからK39へ ここもやっぱりアップダウン最後下りきると国377 オラの予想ではこのK39は距離があるように思ってたけど意外と近かった なので予想より1時間ほど早い到着になりそう このまま空港に行っても暇を持て余しそうなので 空港そばにあるさぬきこどもの国へ 空港のすぐそばにあるので離発着する飛行機が目の前に見られます

2013121029.jpg

そしてプロペラ機が展示されてます

2013121030.jpg

ここから空港までは滑走路を潜ってすぐ 予定では16時ごろ着く予定だったけど15時前に着いちゃいました サクッと着替えて自転車をばらします でも受付カウンターはまだやってません

2013121032.jpg

2013121033.jpg

2013121034.jpg

16時になってようやく手荷物カウンターが開きます 帰りは手荷物検査で自転車を倒さないで と言ったら機械を通さず警備の方が直接目視 まず輪行袋を開けられます 帰りは輪行袋の中に 着替え、シューズ、ペダルすべてをブチ込みました 

2013121035.jpg

それらを全部出してX線の機械へ そのあとにサドルバックの中を見せてくれと せっかくぎゅうぎゅうに縛った自転車をまたほどくことに もしここでボトルの中身もとなったら 受付カウンター前でお店を広げるとこでした 

自転車がX線の機械を通過できる大きさなら 機械を通した方がいいかもしれません ま あまり倒したくはないですが…

手荷物を預けて身軽になったら反省会で一息つきます♪

2013121036.jpg

まだ時間があるので展望デッキをウロウロ

2013121037.jpg

18時ようやく搭乗開始 高松空港のJETSTAR搭乗口は手作り感満載

2013121038.jpg

帰りも飛行機は順調に飛び 定刻通り成田に さて今度は自転車はどこから来るか! ターンテーブル前で待ってると 自転車をお預けの99さ~んと 見ると輪行袋を持った係員のお姉さん が様子がおかしい! おいおいそれ向き違うよ~!! なんと立てではなく横に引きずってるじゃないか!!! 幸いシートとハンドルが下になってたからよかったものの ディレーラーとチェーンリング側が下になっていたかと思うと おそろしい… 勿論すぐその場で確認 ま 万が一壊れていたとしても 預ける際に壊れてても文句は言いません てサインしたから何も言えないんだけど… 

今回初めてLCCを利用して飛行機輪行したけど これは癖になりそう♪ すでに次の飛行機輪行も模索中です



ODO 33273.0  MX 51.17  AV 24.17
DST 94.11  TM 3.53.39
スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png ●未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png ●修行
記事一覧  3kaku_s_L.png ●修行走 ~50㌔
記事一覧  3kaku_s_L.png ●修行走 ~100㌔
記事一覧  3kaku_s_L.png ●修行走 ~150㌔
記事一覧  3kaku_s_L.png ●修行走 ~200㌔
記事一覧  3kaku_s_L.png ●修行走 ~250㌔
記事一覧  3kaku_s_L.png ●輪行の旅
記事一覧  3kaku_s_L.png ●ロングライド
記事一覧  3kaku_s_L.png ●ランデヴー
記事一覧  3kaku_s_L.png ●局旅
記事一覧  3kaku_s_L.png ●物欲解消
記事一覧  3kaku_s_L.png ●大会 イベント

~ Comment ~

 

飛行機輪行とは、なんとも憧れちゃいます。LCCで自転車代払うか、一般の航空会社の早割で自転車代無理か、どちらが得なんですかね?
本場のうどんはどうでしたか?

ぐりさんへ 

断然LCCの方が安いですよ 大手早割片道の価格で往復出来ちゃいます ちなみに今回は 航空券 ¥990  手荷物 ¥1000 手数料 ¥ 630 × 2でした 

JETSTARではしょっちゅうキャンペーン企画を行っているので お安く行けますよ 夏の長野への電車輪行より安かったです(笑) 

うどんは お店それぞれ麺に個性があって いくら食べても飽きないです

NoTitle 

今年は自分も輪行ついてましたが、さすがに飛行機輪行、しかも日帰りとはなかなかできないです。しかし、飛行機の方が電車より断然安いとは・・・時代も変わりましたね。(^_^;)
来年は自分も飛行機輪行にチャレンジしてみようかな、なんて一瞬思ったけど、飛行機は苦手なので来年もやはり電車で輪行ポタポタすることにします。(^_^;)

nobsun3さんへ 

LCCのおかげで気軽に日本中へ行けるようになりました 

飛行機に乗れば 北海道や九州へもあっという間ですよ ぜひチャレンジしてみてください 
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【利根サイ修行走】へ  【利根サイ修行走】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。