走れ!どこまでも!!

三度の飯より チャリがすき そんなWEEK DAYサイクリストの サイクル日誌  

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PageTop

20160726 北海道サイクリング day2

●輪行の旅

北海道サイクリング2日目 今日は札幌近郊の中山峠を登る予定

まずは札幌に移動するため旭川から始発のスーパーカムイで札幌まで移動です 5:18発と早いので車内はガラガラ 通勤とみられるお客さんがチラホラいるだけ 

IMG_4044.jpg

IMG_4045.jpg

札幌には90分ほどで到着 ささっと自転車を組み立ててまだ人の少ない札幌の街中を走ります まずは朝飯を食べに二条市場に向けハンドルを切ります まず見えてきたのはテレビ塔 

IMG_4046.jpg

二条市場はテレビ塔のすぐ側 そしてこんな朝早くからやってるお店は少なく 通りを歩いて開いていた大磯にin 朝から豪華ですいません二色丼(雲丹といくら)をいただきま~す

IMG_4049.jpg

IMG_4048.jpg

お腹いっぱいになったら中山峠目指して走ります 南七条大橋から豊平川沿いにあるサイクリングロードへ この日は南風が強く遮るもののない河川敷をはしるのはきつい! そのおかげで写真はほぼなし!!
真駒内駅付近でサイクリングロードは終わり国453から国230へ ここから中山峠へ向かって徐々に上り坂スタート しばらく走る住宅街は路肩も狭く交通量も多くストレスのたまる道 住宅街を抜けると路肩も広くなり登り基調のアップダウンで定山渓温泉には9:00到着峠まではまだあと17㌔

IMG_4050.jpg

定山渓温泉を過ぎると本格的な登りが始まり 今までアウターで走っていたけどついにインナーへチェンジ 気温が上がり暑くなってきたこともあってトンネル手前でたまらず休憩 トンネル手前3㌔くらいがいちばんきついかな
トンネル内は平坦 でも路肩は無くしかも距離もそこそこ テールライトは必須です トンネルを抜けると峠に向かってだんだん斜度が緩くなってきて 峠手前2㌔くらいはほぼフラット 気温もぐっと下がってきて肌寒くなってきましたよ
10時ようやく中山峠到着 そして中山峠と言ったら揚げイモ ただここまでヒ~ハ~言いながら登ってきた身としては揚げ物はチョット重い 三つ玉のうち一つはごめんなさい 

IMG_4053.jpg

IMG_4052.jpg

じっとしてると寒いので下山します 風もなく元気なら喜茂別側に下って支笏湖を回って新千歳空港に行こうと思ったけど 風も強いし暑くて疲れたので札幌側へ下山 
下りは楽チン 途中から車のスリップで車と一緒に下って定山渓 ロードサイドに足湯を見つけ一休み 草刈りをしてるところがあって腕や足に草のカスや土がついたので バシャバシャして流します

IMG_4055.jpg

更に札幌側に下り始めるも一気に上がってきた気温にやられ 5㌔ほど走った除雪ステーションでまた休憩 真駒内まで下ってきたら水源地通りで羊が丘方向へ ここの住宅街でこの度最高勾配をマーク

IMG_4056.jpg

札幌ドーム手前で羊が丘通りを走り千歳方面へ ここから新千歳空港まではずっと激しい向かい風 頑張らないと20㌔以上出ません 
並行して国36が走ってるけどこっちは2車線 羊が丘通りは3車線 ともに路肩は狭いけど 3車線ある羊が丘通りを走る方が自転車で走るのに楽だと思います 一番左の車線を走る車はほとんどいません
輪厚で羊が丘通りは終わり国36へ ここまで来ると路肩も広くなっていて安心できます 相変わらず強い向かい風 そして恵庭市内に入ると空がどんよりして霧雨まで 完全に路面が濡れるところまではいかないけど断続的に降ってます 白い恋人の看板が見えたら新千歳空港はすぐそこ 14時に空港到着

IMG_4057.jpg

IMG_4058.jpg

空港に着いたら着替えてシャワー浴びたいけどここには本格的な日帰り入浴施設しかないんだよ しかもちょっと高い 触れタオルで体を拭いてさっぱりした気になったらお疲れ様の反省会 帰りの飛行機も遅れることなく無事帰宅となりました

IMG_4059.jpg

楽しかった北海道サイクリングはこれでおしまい 来年はオロロンラインを走りたいなぁ

スポンサーサイト

▲PageTop

20160825 北海道サイクリング day1

●輪行の旅

梅雨明けが遅れ ぐづつく天気が続く千葉を飛び出し北海道にサイクリングしに行ってきました

今回は初搭乗のバニラエアー 定刻通り離陸して機上の人に

IMG_3989.jpg

IMG_3990.jpg

天気予報では晴れの北海道 でも着陸が近づくにつれ分厚い雲が大地を覆ってます 地上が見えると道路が濡れてるのが見えます 雨予報は聞いてないよ~ 雨装備は何もしてないし・・・ 失意の中新千歳空港に降り立ちます 自転車はおっきな籠に入って ターンテーブルから出てきました

自転車を受け取ったら自転車を組み立て・・・ ではなく更に電車で移動です その前にインフォメーションでフロアポンプ借りて タイヤに空気を充填 でもこのフロアポンプがちょっと不調 数回ポンピングするとゲージが振り切ってエアーが入らないんです 勿論タイヤに空気はほとんど入ってません そのうちゲージが下がって再びポンピング 幸い飛行機が定刻より早く到着したので のんびり作業です 今後北海道サイクリングで新千歳空港を利用する方は注意してください

IMG_3991.jpg

新千歳空港駅から南千歳駅に 雨は降ってないけど曇って肌寒い天気です 空港出発のサイクリングじゃなくてよかった ここから特急スーパーおおぞらに乗り換えて占冠駅へ移動します ちなみに車窓は森とトンネルで面白くありません

IMG_3994.jpg

占冠駅に10:24到着 自転車を組み立てて着替えて10:50北海道サイクリングスタートです

IMG_3995.jpg

いや~それにしても暑い 新千歳空港に着いたときは曇って寒かったのに  電車でトンネル越えたら一気に真夏 千葉よりよっぽど暑いよ 
まずは富良野目指して国238を北上金山峠越えです 峠道と言っても勾配4~5㌫アウターのまま越えられちゃいます 峠はトンネル しかも工事で片側通行でした

IMG_3996.jpg

金山峠を越えると富良野市街まで一気の下り さすが北海道 まだ残雪の残っている山もあります 国38に乗り換え布部から富良野市街を避けるのに裏道へ 富良野から上富良野まで10㌔以上直線道路が続いてます 
時間は12時半を過ぎお腹も減って 予定していたランチスポットに・・・と店の前に来るとすごい行列 さすがにパスして先に行きます でもパワーが出ずたまらず自販機でコーラ休憩

IMG_3997.jpg

IMG_4010.jpg

IMG_4002.jpg

いい加減腹減ってきたのでおやつスポットサンタのひげにイン  然程混でなくサンタのひげいただきま~す ハーフカットのメロンにソフトクリーム 最強の組み合わせや!

IMG_4015.jpg

IMG_4014.jpg

大満足の後出発 次は行ってみたかったジェットコースターの路を目指します 国道を離れ山道に入っていきます 次第に勾配がきつくなってきたと思ったら千望峠を登らされてました

IMG_4016.jpg

峠を下ってまた昇るとジェットコースターの路スタート  約3㌔にわたってアップダウンがつづきます フラワーランド側からきて一番最初がアップダウンが一番きついところになります  アップダウンの頂点にはこんな眺めのいいところも

IMG_4017.jpg

IMG_4019.jpg

IMG_4020.jpg

IMG_4022.jpg

アップダウンを繰り返し再び国237に 美瑛をめざし北上 この区間は路肩が狭く道も悪いので走りにくい我慢の道 美瑛に来たらまずはケンとメリーの木

IMG_4023.jpg

IMG_4025.jpg

丘の上を走ってるとどこを見ても画になるいい景色 美瑛はレンタサイクルの人がたくさん走ってます その中でも強敵は 電アシに乗ったおじちゃん 急な坂でも結構な勢いで登っていきます 絶対に負けられない戦いがそこにはあります

IMG_4026.jpg

IMG_4029.jpg

セブンスターの木到着  

IMG_4031.jpg

丘の上を走って本日の宿泊地旭川を目指します 丘を下り国452から国237へ 旭川市街にまっすぐ続く道は強い向かい風最後の最後に修業走になってしまいました  

IMG_4032.jpg

IMG_4033.jpg

今日の宿は 旭川駅前のJRイン 翌日は朝一で輪行するので輪行バックに自転車を仕舞ってチェックイン 部屋への持ち込みもOK ウェアーを洗ってシャワーを浴びてサパ~リ

IMG_4038.jpg

夕飯は居酒屋天金 旭川ラーメン天金の姉妹店 北の食をおいしくいただきました

IMG_4040.jpg

IMG_4039.jpg

部屋の戻ったら一気に眠気が襲ってきておやすみなさい 

▲PageTop

20160612 Mt.富士ヒルクライム参戦記

●第13回 Mt.富士ヒルクライム

今年も富士ヒルに参加してきました これで7年連続の参加になります 今年ももちろん目標はシルバーゲットの75分切り 我家には6個のブロンズリングがたまっています そろそろシルバーほしいなぁ

イベント当日3時半起床  宿から自転車で荷物預けに行きます さすがに荷物あずけ開始直後だけあって一番乗り 富士山もくっきり見えて 曇り予報だけどいい天気で臨めそうです

IMG_3961.jpg

IMG_3962.jpg

宿に戻って車で富士Qの駐車場に移動して 朝ごはんをモグモグしてローラーアップ 6時に会場へ向かいます お久しぶり~な仲間とあいさつして自転車を並べます 明るくなってきて富士山くっきり

IMG_3963.jpg

7時30分 第5ウェーブスタート 計測値地点まではのんびり走って 胎内交差点を曲がり計測マットを踏んで 24㌔75分切りを目指してスタートです

0~5㌔  目標 17分08秒  実測 16分28秒

スタート直後は勾配きつめな区間 出だしの料金所までの坂で気負い過ぎて 平均パワー128㌫とか表示 確実に途中で死ぬとか思いペースダウン なるべく車速17㌔を下回らないようにペダルを踏んでいきます 一合目下駐車場先と5㌔看板のところで勾配が緩くなるのでペースアップでタイムを稼いでいきます 若干の余裕を持って5㌔通過

5~10㌔ 目標 32分29秒 実測 31分28秒

ここからは勾配が緩くなります 頑張っていきましょうな区間 1合目先の平坦で初めてアウターに入れる快挙  そのほかにもちょっとでも勾配が緩く感じたらシフトアップしてペースアップ 第1関門先の10㌔地点では約1分のリード ただ後半のペースダウンは確実なのでまだまだ油断はできません

10~15㌔ 目標 48分06秒 実測 47分35秒

10㌔看板を過ぎると次の目印は樹海台駐車場 でも走っても走っても現れない コーナー3つ4つ位だと思ったんだけどな 気づいたらヘアピンカーブの看板 あれ? こんなのあったけ?? ちょっとパニック えっ ここ3合目手前じゃ 樹海台駐車場に気付かずここまで来ちゃったよ・・・ とか思いながら 3合目のヘアピンを通過 ここから大沢駐車場までは富士ヒル一嫌いな区間です メーターとにらめっこしながら淡々と走ります

15~20㌔ 目標 1時間04分02秒 実測 1時間03分19秒

まだまだ嫌いな区間が続きます ここの途中でチームメイトに遭遇 一声かけて先行きます 大沢駐車場を過ぎてコークスクリューも苦に感じず通過 まだ調子はよさそうです 山岳賞区間はサラッと通過し最後の平坦に向け脚をためます 

20~フィニッシュ 目標 1時間14分00秒 実測 1時間13分34秒

20㌔看板を通過して猶予は12分 ようやく少し余裕が生まれました ただこの先の平坦区間が向かい風かもしれないし まだペースは落とせません 気付くと周りは似たような脚の人達が集まってます 奥庭先の平坦まで必死に喰らいついて 平坦区間に突入 風もなく本日最高42㌔をマーク そのままの勢いで最後の登りを駆け上がります 75分切りはほぼ確定 安堵して一気に脱力してのんびりペースでフィニッシュラインを通過 ようやく念願のシルバーゲットです!

IMG_3967.jpg

下山して恒例の吉田うどんを食べて 今年のMt富士ヒルクライムは終了です

IMG_3968.jpg

来年はさらにタイムを縮めて70分以内を目指していきたいです っと その前に次戦は赤城山ヒルクライムです

▲PageTop

榛名山ヒルクライム参戦記

●第4回 榛名山ヒルクライム

去年に引き続き今年も参加してきました 今年の目標は去年出来なかった50分切り 果たしてどうなることやら

IMG_3930.jpg

ヒルクライムイベントの朝は早い 朝2時半過ぎ起床 朝ごはんを流し込み準備をして3時半に渋川の宿を出発
4時過ぎに駐車場に着くとすでにたくさんの車が止まってます さらにここでパンを流し込み自転車を準備して 山頂まで運んでもらう荷物を預けに行きます 預けたのはレッグウォーマーとコーラ(笑) アームカバーは肌寒かったこともあってつけたままです
駐車場に戻ってきてローラーアップ  
集合時間が近くなったので集合会場に移動 スタート地点では急ピッチで会場の設営をしていました

IMG_3937.jpg

集合場所に着くとすぐにスタート地点へ移動開始して開会式が遥か彼方で始まりました みんなが集まっている集合場所で開会式をすればいいと思うのは僕だけでしょうか

IMG_3938.jpg

今回エントリー時の自己タイム申告を目標の50分にしました するとスタートグループがエキスパートのすぐ後の第2グループではありませんか 予想では第3グループかなと思っていたのでスタート位置を後ろの方にとります

スタート~初心者コースゴール

7:05スタート 500㍍ほどのパレード走行後計測開始 この区間は前半にちょっと急勾配の所があるのでゆっくり落ち着いて走る・・・ と心に決めていました が 周りのペースが速いのなんのって 釣られてペースアップしてしまうけどビシバシ抜かれます
3K路ほど走るとようやく勾配が緩やかになってペースアップ開始 前を走る人を目標に淡々と走っていきます そして初心者コースゴール500㍍くらいからは前を走る人の後ろにくらいついていきます

初心者コースゴール~榛名神社コースゴール

初心者コースゴールを過ぎるとフラットな区間に入ります 前の人を風よけに使ってペースアップ 手っ取り早くタイムを縮めるにはここで頑張らないと その後はフラットと坂道を繰り返していきます ただフラット区間は距離が短くなり 坂道は勾配が上がっていくといういやらしい区間 誰かの後ろに付いていくより 自分のペースでリズムを取って登っていきます 
目標としている50分切りをクリアするには榛名神社を35分で通過することが一つに指標になります ここを34分台で通過 心に若干の余裕が生まれました

榛名神社コースゴール~フィニッシュ

50分切りの猶予は15分ここからゴールまでは3㌔ほどです そしてハルヒルコースもここから一気にきつくなります
すぐに最大勾配14㌫地点登場 シッティングで登ると確実にパワー持ってかれるので ダンシングでゆっくり上っていきます 急勾配区間を過ぎると ラスト2㌔の看板 ここでこの少ない数字を見ると気分的に楽になります(神社まではカウントアップ表示) そして残された時間は10分 1㌔5分で走ればいいのですが非常に微妙 再びに急勾配区間を走りラスト1㌔ 残り時間はあと5分 若干焦り始めます とはいっても脚はいっぱい 岩は まだか 岩は まだか と思いペダルを踏みます
岩を通過してラスト500㍍ 猶予は2分  時間がない 時間がある 時間がない 時間がある と ぼうCMのフレーズが脳内をぐるぐるします
そしてついにフィニッシュ タイムは49分49秒 わずか11秒ですが目標の50分を切ることが出来ました

IMG_3942.jpg

預けた荷物を受け取って コーラで乾杯 考えることは皆同じで 隣にいた人もコーラ飲んでました

IMG_3940.jpg

無事目標を達成できたハルヒル 次戦の富士ヒルに向けいい結果が残せました

▲PageTop

20160315 大阪出張山練

●輪行の旅

ここ最近同じような山を走っていてマンネリ化してきたので 輪行で出張山練してきました

4時に自宅を出発して成田空港に向かいます  成田空港から 7:10発のジェットスターで関空に向かいます

IMG_3798.jpg

IMG_3799.jpg

遅れることなくほぼ定刻通り8:40関空に到着 ここからは時間との闘い 関空からは自転車で出ることが出来ません 鉄道、バス、タクシーでないと連絡橋を渡れないのです まずはコインロッカー前で着替えます タイツはズボンの下にすでに履いているので脱ぐだけ インナーもすでに来ているのでジャージを羽織って 靴を履きかえて完了 輪行用にSPDシューズ買おうかな・・・ 荷物をロッカーにぶち込み関空駅へ向かいます 予定していた9:06発の関空快速にぎりぎり30秒前に滑り込み乗車 3駅先の熊取駅で下車します

IMG_3800.jpg

駅前でそそくさと自転車を組み当て9:45出発 この時サイコンのスタートボタンを押し忘れるという失態を犯します・・・ まずは国170 外環状線を河内長野に向かって走ります 出だしから上り坂が続きます 河内長野方面に向かっては 3歩登って1歩下るというジグザグを繰り返し標高を上げていきます 道はほとんど片側2車線ですが交通量が多くあまり気持ちよく走れません 和泉市から河内長野市に入るところで旧道に入ります 外環状線はトンネル続きになってしまうので旧道でちょっと山越え 坂をターッと下ったら 国170から国371に入り ちょっと住宅街の中を走って三日市町駅の脇を通過します 三日市町駅を通過すると 住宅街を登る急坂 今日一番の激坂がココでした 坂を登るとこれから登るであろう金剛山方面の山が見えます 山頂のあたりにはうっすら雪も

IMG_3801.jpg

国310に入り観心寺を過ぎると金剛トンネルまでひたすら上り坂 ですが 所々フラットなところもあり勾配もさほどきつくない 意外と拍子抜けな感じで金剛ロープーウェイ方面との分岐を通過 その先も緩斜面が続きます そして最終集落を通過するころ はるか先山の上にこれから走るであろう道が・・・(写真真ん中明るくなっているところに走って来た道が見えます)

IMG_3804.jpg

すると10㌫勾配の看板が いよいよ本領発揮!? つづら折れを越えトンネルに向かってペダルを回し続け11:50金剛トンネルに到着 トンネルコースは比較的勾配が緩く 10㌫勾配看板まではアウターでも行けそうな感じです

IMG_3802.jpg

再び来た道を下山します 登ってくる途中で見かけた温度計は7℃で凍えながら下っていきます 今度は金剛ロープーウェイ方面に向かいます K214を登り途中からK705へ こちらも激坂と言った区間は無く ゴール直前にちょっと勾配がきつくなりますが比較的緩斜面 これでダブル金剛達成

IMG_3805.jpg

また寒い下り坂を下っていきます 途中登ってる時に見かけたウッディハートというお店でちょっと休憩 コーヒーとジャパンナコッタ ジャパンナコッタはパンナコッタの中にわらび餅が入ってる不思議な食べ物です 店内は薪ストーブが焚かれていました

IMG_3807.jpg

IMG_3806.jpg

ほっこりしたところで再び下山 K705を森屋方面に下っていきます この道スピード抑止用の凸凹があってちょっと走りづらいです 
ほどなく下って 千早赤阪中学校の所を脇に逸れます 中学校の敷地の中?を抜けると下赤坂の棚田があります 遠くあべのハルカスなど市街地が見渡せたりして気持のいいところです

IMG_3808.jpg

IMG_3809.jpg

再びK705を下り ちょっと市街地を入っていくと 自転車のサイコンやライトを作っているキャットアイの工場があります ここまで来ると下り坂はほぼ終わり 富田林の石川サイクル橋から石川サイクリングロードに入ります 

IMG_3812.jpg

IMG_3813.jpg

強い向かい風の中サイクリングロードを北上 向かいに信貴山を見ながら走っていきます 30分ほど走って石川と大和川の分岐柏原に到着 そしてここでサイコンのスタートボタンが押されていなかったことに気づきますorz まだ時間があったので葡萄坂でもと思ったけどそんな気力もなくなり柏原から輪行

IMG_3816.jpg

IMG_3817.jpg

IMG_3818.jpg

15時05発の各駅に乗り天王寺で16時02発関空行きのはるかに乗り換え 車内で反省会

IMG_3819.jpg

IMG_3821.jpg

関空に着いたら着替えて タコ焼き食べながら再度反省会♪ 

IMG_3822.jpg

帰りはJET STARではなくPEACH この航空会社 関空では第2ターミナルを使っていて 第1ターミナルからバスで移動しないといけないのでちょっと不便 それに第2ターミナルは閑散としてショップも少なくいまいち・・・ 飛行機は定刻通り19:00出発して無事成田空港に帰ってきました

IMG_3825.jpg

今度はどこ行こうかね~



▲PageTop

Menu

最新記事一覧

プロフィール

99RIDER

Author:99RIDER
千葉県 九十九里町 在住
昭和50年式
愛車 FELT F5SL ’09

’09,1月よりロードバイク生活開始

JOG NOTE

99RIDER 日々のトレーニング記録

最新記事

カテゴリ

これまでのお客様

QRコード

QRコード

STARBUCKS COFFEE

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。